ビットコインを使ったクレジットカードのショッピング枠の現金化

メルカリに現金や現金のオブジェが出品され高値で取引されていたのが先日話題になりましたが,
クレジットカードのショッピング枠を使って現金を手に入れる,ショッピング枠現金化が行き過ぎた姿なのかなと思います.
その後メルカリでは現金の出品は禁止され取引できないようになっていますが,
ビットコインを使えばカードの現金化が容易にできるのではと思いました.

ちょうどビックカメラがビットコイン決済を始めましたが,返品時の返金はこの仕組みを使って現金を得られそうです.

以下に手順を示します.

1.ビットコインの購入にクレジットカードが利用できる取引所にアカウントを作る


Coincheckとかですね.

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

2.ビットコインをクレジットカードで購入する

24時間365日いつでも簡単に買えます.

3.ビックカメラでモノを買う

なんでもいいです.
この時ビットコインで支払います.

4.返品する

返品時の返金は日本円での返金となるようです.

<ビットコインご利用のお客様へ>
ビットコインのご利用ありがとうございます。
万が一商品の不具合等により、商品交換や返品となった場合にはレシート(領収証)に記載されたビットコインご利用額(円)を日本円でお返しさせていただきますので予めご了承下さい。ビックカメラ有楽町店

5.現金を得る


ビットコインデビットカードWirexが日本語対応

ビットコインをチャージして利用できるデビットカードWirexが日本語に対応しました。
SBIグループがWirexに出資して日本への展開に注力しているようです。
アプリもどんどん改良され便利になってきていますし、デビットカードはクレジットカードが利用できるところであれば
どこでも利用できるので1枚持っておいても便利かなと思います。
チャージ分はATMでも現金を引き出すこともできます。

下記のリンクから登録するとカードの発行手数料が25%オフ(千円ちょっと)になります。
Wirexの登録ページ




wirex21.png





wirex22.png

Ripple(XRP)が最高値を毎日更新

リップルが高騰しています。2ヵ月前までは0.7円程度だったXRPは今や50円を超えました。
日本でRippleが買えるCoincheckではあまりの人気で供給が追いつかず販売を一時停止するほど。売り切れなんだそうです。
なんと時価総額でも王道と言われてきたビットコインを抜くほど。

仮想通貨の王がリップル(XRP)に交代、時価総額でビットコイン(BTC)を上回る - 市況かぶ全力2階建 http://kabumatome.doorblog.jp/archives/65892574.html

銀行のシステムを置き換えていく次世代のテクノロジーと言われるほどだけあって、猫も杓子もリップル買い。すごい期待がかかっています。

日本の仮想通貨の取引所も新規登録が追いつかないほど登録が増えているそうで、この大相場の流れは変わらず永遠と上がり続けてしまうのでしょうか。

ビットコインなら最大35%オフでAmazonの商品が購入できるサービスpurse.io(パース)

ビットコインで最大35%オフでAmazonの商品が購入できるサービス Purse.ioが便利です。
Amazonで取り扱っている商品全部ビットコインで安く買い物できるので便利です。
Purseはビットコインで買い物したい人とビットコインを得たい人をマッチングするサービスです。

 purse.png
こちらのリンクから登録すると$50相当の注文成立で0.01 BTC(1750円相当)をプレゼント

使い方
1. 右上の「Sign Up」をクリックし登録
2. 登録が完了したら、別途Amazonのサイトで欲しいものリストを作成(公開リストとして作成してください)。
3. 欲しいものリストのURLをコピーして「purse.io」サイトの検索バーにコピペ
4. 割引率(最大35%)を指定し、注文!
5. 代金分のビットコインをPurseのウォレットアドレスに送金
6. しばらく待つと注文が成立し、商品が届きます

purse0.png

現在は英語版のみですが、問題なく日本のAmazonで使えました。
Purseの日本語版も間もなくリリースされるようです。




アルトコインバブルとビットコイン

これまではビットコインが上がるとアルトコインが下がり、アルトコインが上がればビットコインが下がるといった動きをしていましたが、ビットコインもアルトコインも上がるといったこれまでとは違う動きをしています。
投資家、投機家など市場参加者が一気に増え市場へ資金が流入している

急激に上がったということはその反動から急落もあり得るということを覚悟しておく必要がありますが、仮想通貨市場は流通するフィアット通貨と比べたら3兆円くらいと、まだアリンコみたいなマーケットキャピタルであるため市場の成熟を見守るならストロングホールドでよいと思います。

このところ、全仮想通貨に占めるビットコインの割合(ビットコイン ドミンナンスといいます)が下がってきており、ビットコイン一強と言われてきたのが変化しつつあるように思います。ビットコインのハードフォーク論争が過熱し始めた3月の中頃から傾向が変わりました。

https://coinmarketcap.com/charts/#btc-percentage 
全仮想通貨に占めるビットコインの割合

a_2017042921015344e.png

ETH, ETC, XRP, XEM, LTC, MONA, REP, XMR, ZEC, FCT, DASHどれもこれも急激に上がったのでいずれピークアウトすることもありそうです。

bbbbb.png

ビットコインを使う




ビットコイン取引所&財布

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
ビットコインのデビットカードまとめ
ビットコインをゲット
月別アーカイブ
最新記事
リンク
related
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示